渡口のティラ

石づくりの堂の祠の頂きに丸味を帯びた宝珠をのせた渡口のティラは、地元で「ボージャーフトゥチ」と呼称されて、古くから人びとの信仰を集めている。

特に結婚して2、3年経っても子宝に恵まれない夫婦にとっては、「子授け」に霊験あらたかだということで、全島より祈願に訪れているようだ。

一方では、「ヤシネーウヤ」として信仰する人も多く、1歳未満の子の健康とすこやかな成長を願って訪れる祈願者の姿も多く見られる。

祠の中に4体の砂岩が霊石として祀られているが、いずれも霊験あらたかで祈願の目的によって霊石を特定して拝む必要はない。ふつう、霊石が複数ある場合は、そのいずれかに「子授け」の霊力が宿っているとされている。

〔次回 1月26日|渡口のティラ〕

参考書籍:沖縄の拝所 沖縄の聖地

カテゴリー: 沖縄のパワースポット | タグ: , , |

スポンサーリンク