タグ別アーカイブ: ウブク

嘉手苅の観音堂 その2

旧暦の9月の神拝みのころになると、他地域からの参詣者がひきもきらず訪れるが、周年参拝者が見られる。 観音を移す際に、按司はその維持費に充当するために嘉手苅の根人に水田を与え、集落の人びとは田芋の獲れる田もつけ加えたと伝えられている。水田は「ウブク田」と呼称され、祭りのときにはこの田で獲れた米で「ウブク」をつくり田芋とともに仏前にそなえ、人びとに配ったという。 子孫繁栄と家族の健康祈願に参詣する人が中心だが、近年、中部地域のパワースポットの一つとして訪れる若い人の姿も見られるようになったようだ。 … 続きを読む

参考書籍:沖縄の拝所 沖縄の聖地

カテゴリー: 沖縄のパワースポット | タグ: , |

チィタチ・ジュウグニチの御願

旧暦の1日と15日(チィタチ・ジュウグニチ)は定期のヒヌカンへの御願日とされている。 ヒヌカンのまつられている家庭の主婦は、チィタチ・ジュウグニチになると、ウチャトゥ(お茶湯)をたてて、ウブクをおそなえし、「家族の健康と家庭の円満」を願って、ウートートゥする。 特別気がかりなことがない場合は、家族の健康・家庭円満を願い、祖霊の加護に感謝をささげることになるのだが、受験シーズン到来の時期となれば合格を祈願し、家族に妊婦がいれば安産を祈願することになる。 ・トートーメーに供えるもの  ウチャトゥ・ウ … 続きを読む

参考書籍:家庭でつくる 沖縄行事料理とふるまい料理 絵でみる 御願365日

カテゴリー: ヒヌカン | タグ: , , |

ヒヌカンの御願日

旧暦の毎月の1日と15日(チィタチ・ジュウグニチ)は定期の御願日である。その日は、主婦はウチャトゥ(お茶湯)をたてて、ウブクとよばれる碗に盛ったご飯をそなえて家族の健康と家庭の円満を祈願する。チィタチ・ジュウグニチは新月と満月という意味もあることから、旧暦でなければならない。 旧暦の12月24日はヒヌカンが上天(昇天)する日とされ、1月1日〜4日は上天したヒヌカンが下天する日だとされている。それぞれに「上天の拝み」と「下天の拝み」とよばれる特別の御願がおこなわれる。そのほかに、屋敷の御願、年中行 … 続きを読む

参考書籍:家庭でつくる 沖縄行事料理とふるまい料理 絵でみる 御願365日

カテゴリー: ヒヌカン | タグ: , , , |