護国神社

戦前から祀られている日清・日露戦争の戦没者を祭神として、戦後になって沖縄戦の犠牲者の御霊も合祀したのが那覇市の奥武山に所在する護国神社である。
今次大戦で消失した後、1965年になって本格的な復興にとりかかり本殿・拝殿が竣工されている。

現在は秋の慰霊祭、6月23日の戦没者慰霊祭などの祭典が営まれているが、いつごろからか受験シーズンが近づくと受験者の姿が多く見られるようになったようだ。境内には所狭しと合格祈願の絵馬が奉納されている。

〔次回 4月14日|その他の合格祈願スポット その1〕

参考書籍:沖縄の拝所 沖縄の聖地

カテゴリー: 沖縄のパワースポット |

スポンサーリンク