チヂアキ

カミダーリになった者が自分の守護霊(神)となるカミや祖先の霊などをさぐり当て、決めていくことを「チヂアキ」という。いわば、ユタになるための最後の修行ということになる。
チヂアワセによって自己流の解釈や修正がおこなわれ、ハンジ(判示)を出してもよいというカミからの許可がおりる。
カミからの許可のことを「チョウブ」などともいう。これが俗にいうところの「ユタの免許証」というものだ。

チョウブがおりると、自分のチヂガミとなるカミや祖先の霊などが特定される。 チヂアキに要する時間は各々によってかなりの開きがあるようで、長い者になると5〜6年もかかるようだ。その間は、ユタになるための修行期間となるわけだ。
さまざまなカミグトゥを通して、一生自分の守護霊(神)となるべき「チヂ」をさがし出すことになる。

〔次回 12月31日|チヂアワセ〕

参考書籍:まるごとわかる!ユタ

カテゴリー: ユタグトゥ(ユタ稼業) | タグ: , |

スポンサーリンク