屋敷の方角

屋敷の御願でユシン(ユシミとも)の拝みをする場合、「ニヌファ」(子―北)ないしはウヌファ(卯―東)を起点として時計回り、反時計回りに拝むという話を耳にする。一方が正しくて他方はまちがいということなない。また、人によって1回目と2回目は異なる回り方をしなければならないともいう。いろいろな理由づけがなされているようだが、ほとんどの場合、霊能者などの受け売りにしかすぎない。

屋敷の御願の回数そのものが年1回だけという地域から複数回(2回以上)とする地域があり、かなりの偏差がある。

また起点とする方角も「ニヌファ」あるいは「ウヌファ」という人が多いが、屋敷の角は正方位になっているとは限らない。むしろ12方位の微妙な位置が角になっている屋敷地の方が多い。

この場合の方角は12方位を示すというよりむしろ、単純に屋敷の角と考えた方がよいだろう。

〔次回 11月25日|ユシンの神の守るもの〕

参考書籍:琉球風水 福を招く家づくり墓づくり 絵でみる 御願365日 まるごとわかる!ユタ 三山とグスク

カテゴリー: 屋敷の御願 | タグ: , , |

スポンサーリンク