4 「カミダーリ」

サーダカンマリが精神的に不安定な状態のときに、カミや祖先の霊がのりうつり、はた目からみると、「フリムン」(狂人)にも似たような言動をとる状態を「カミダーリ」とよんでいる。一般の人にとって「フリムン」と「カミダーリ」をみわけることはとてもむずかしいとされている。また、いつの時点からカミダーリに入ったかを判断するのもむずかしい。
ユタによっては、ある特別の体験をきっかけにはっきりとカミダーリに入ったと認識するものもいるようだが、ほとんどの場合、知らず知らずのうちにカミダーリの状態になっていくようである。

一応のめやすとしては、異常な言動のなかに「カミグトゥ」(祖霊や神々のこと)にかかわることがみられるようになることだとされているが、最終的な判断は、ユタにゆだねることになる。

参考書籍:まるごとわかる!ユタ

カテゴリー: ユタになるまで | タグ: , , , |

スポンサーリンク